平成29年度 研究主題
思考力・判断力・表現力を育成する指導の工夫
〜生活科・理科を通して〜
目指す児童像


1年及び2年

 自分と身近な動物や植物などの自然とのかかわりに関心をもち、自然のすばらしさに気付き、自然を大切にしたり、自分たちの遊びや生活を工夫したりすることができる。


3年

 比較を通して自然の事物・現象の差異点や共通点に気付き問題を見出すことができる。


4年

 見出した問題について既習事項や生活経験をもとに根拠のある予想や仮説を発想することができる。


5年

 予想や仮説をなどをもとに資質変化や量的変化、時間的変化に着目して解決の方法を発想することができる。

6年

 自然の事物・現象の変化や働きについてその要因や規則性、関係を多面的に分析し考察して、より妥当な考えをつくりだすことができる。


戻る